エンワールドの特徴・評判を詳しく語ります(実体験とヒアリング有)

ハイクラス求人、外資系への転職の手段としてエンワールドは気になっているものの、イマイチ特徴や評判がわからずに利用をお悩みではないでしょうか?

本記事は、転職エージェント/エンワールドの特徴と評判を深く深く掘り下げて解説します。

結論として、良質で800万円以上の外資ハイクラス転職を狙うなら、エンワールドはオススメです。

本記事で解決するお悩み
  1. エンワールドの評判がイマイチ分からず不安…
  2. エンワールドって対応悪くない?大丈夫?
  3. エンワールドで本当に外資 x ハイクラス転職はできるの?
本記事でわかること
  1. エンワールドの特徴、リアルな評判
  2. アドバイザーとのリアルな面談内容と一連の流れ
  3. エンワールドを利用すべき人
本記事の結論
  1. エンワールドは年収800万円以上を狙えるオススメ転職エージェント
この記事を書いている人
Hiro

英語で大企業サラリーマンLifeをハックしています!

  1. 米国大学院への社費留学をGETした大企業サラリーマン(商社マン)。
  2. TOEIC975点、英検準1級。英語によるビジネス交渉実績多数。
  3. 英語力で社内で”何者か”になり最速出世&美味しいポジションを満喫中。
目次

エンワールド(en world)とは?

エンワールドの概要

エンワールド・ジャパン

エンワールドは外資・グローバル転職に強いハイクラスキャリアエージェント

エンワールド公式
エンワールド・ジャパン公式より
エンワールドの特徴
  1. 外資・グローバル企業とハイクラス人材を結ぶ日系トップエージェント
  2. 年収800万円から2,000万円以上の求人が常時10,000件以上
  3. あらゆる産業と職種の求人をカバー(専門職ももちろんOK)
  4. 入社後活躍をミッションに、転職後のサービス満足度は97.0%
Hiro

総合デパートというより専門ブランドショップに近いエージェントです

入社後活躍

エンワールドの求人業種・職種

エンワールド・ジャパン公式より

カバーする主な業種

▶ 建設・インフラ
▶ 製造業(電機・電子・機械・自動車・科学・その他)
▶ テクノロジー・デジタル・通信
▶ ライフサイエンス(医療機器・製薬・化学・ヘルスケア・農業・畜産)
▶ コンサルティング
▶ 不動産
▶ 銀行・金融・保険
▶ 消費財・日用品・サービス・小売・広告

カバーする主な職種

▶ 法務・知財・コンプライアンス
▶ サプライチェーン・購買・物流
▶ 人事・総務・エグゼクティブアシスタント
▶ 経理・財務
▶ 経営・経営管理・(役員クラス以上)・エグゼクティブ

Hiro

業種は広く、専門職種にも強いのが特徴ですね

エンワールドの求人エリア

エンワールド求人数
2022年5月時点

エンワールドの求人は全体の90%弱が東京エリアに集中しており、都市型サラリーマンの求人が圧倒的に多いと言えます。

次いで大阪、兵庫、神奈川、愛知県と大都市圏が続いています。

地方で働きたいあなたは、全国での求人を幅広くカバーする日系大手エージェントも利用しましょう。

当サイトでオススメする他エージェントは別途ご紹介します

エンワールドのリアルな評判(インタビュー)

実際にエンワールドを利用したことのある転職経験済みの友人3名にインタビューをして、良い点・悪い点を聞き出してみました。

Hiro

本音で生々しく語ってもらいましょう

エンワールドの良い点

友人A・36歳

・謳い文句通りのグローバルハイクラスな求人の名に恥じない案件ばかりでとてもよかった印象あるね。英語力があってよかったわ。

・並行して他に日系メインのエージェント2社を使ったけど、最終的に求めていた給料UPとアドバイザーとの相性もハマったんでエンワールド経由で欧米系の某企業に転職したんだよね。人当たりよかったよ。あたりの担当者だったんちゃうかな。

友人B・34歳

・年収UPが目標だったんで、絶対に1,000万円以上!で希望を出して複数案件紹介してくれたんで「あ、この人よくわかってるな」と信頼関係ができましたね。

・外資への就職が希望だったんだけど、紹介してくれた求人の6-7割は外資でしたね。実際には日系の求人もあったけど、比較ができてよかったですね。

入社後活躍とミッションにあるけど、たしかに転職してハイ終わり、ではなくて節目でエンワールドからのフォローアップもあるよ。いい意味で定期的な棚卸し機会として活用できてますねー

友人C・29歳

・コロナ禍になってリモート勤務は最高だなと思ったんで、年収下がらずにフルリモートOKな外資企業を条件でエンワールド使いましたね。外資系のほうがリモートOKな空気だよね、と思って。結果的に条件満たした企業とエンワールド経由で出会えてHappyです、はい。

・キャリアアドバイザーと波長があったのも大きかったですね。他社も案件はよかったんですけど、アドバイザーとの相性は大きいかと。エンワールドは良かったです。

エンワールドの良い点
  1. 年収UP(800万円以上~)を満たせる外資系の案件が多い
  2. 希望条件に沿って親身に伴走してくれるアドバイザーが多い
  3. 入社後活躍の名に恥じないフォローアップも満足度高い
Hiro

年収UPして終わり、ではないフォローアップがいいですね

エンワールドの悪い点

友人A・36歳

・問い合わせから面談セットまで含めて、少しスピーディさが足りないかな。他エージェントに比べて運営オペレーションがバタバタしている印象。

友人B・34歳

・他社と比較したら、案件の絶対数は決して多くないから”選り取り見取り”を求める人にはフィットしないんじゃないですかね

友人C・29歳

入社後活躍で掲げているような手厚いフォロー?がそこまで手厚い気はしないと思ったかな。なんだかんだ転職後忙しかったから、それどころではない自分のせいだったかも知れませんけど笑

エンワールドの良い点
  1. 他社と比較して案件の絶対数は多くない
  2. スピーディな対応に欠ける時がある
  3. 人によっては入社後フォローの手厚さにばらつきがある
Hiro

弱点を補えるように2-3社のエージェント使うのがよさそうですね

エンワールドの求人案件数は少ないのか?

エンワールドの求人件数が少ない、というのは本当でしょうか。

  • リクルートエージェント 業界最大手…20万件
  • doda 業界大手…10万件
  • エンワールド 外資特化…1.0万件以上

横並びで比較すると、エンワールドは業界大手と比べると見劣りしてしまいます。

が「800万円以上」「グローバルハイクラス求人」というエンワールドが提供する求人案件の質を考えると、むしろ厳選されていると考えた方が自然ではないでしょうか。

どうしても案件数が多いエージェントがイイ!というあなたは、2-3社のエージェント併用してカバーしましょう!

当サイトでオススメする他エージェントは別途ご紹介します

エンワールド担当者と面談してみた

Zoomでキャリア面談

友人インタビューを終えた僕は、いても立ってもいられなくなり思わずエンワールドご担当者と面談してみました。

ということで極私的なユーザー視点からエンワールドを評価してみます。

結論としては(外資系への転職意思がハッキリと固まっていなくとも、面談する価値はあると感じました。

WEB登録~面談当日まで

公式WEBの「無料面談に申し込む」から必要情報を入力し送信。

エンワールド公式(無料面談)

入力から送信後すぐに自動受付完了メールを受信し、中身を確認すると…

  • 案件がある場合は3営業日以内に担当者からコンタクトする
  • 簡易レジュメをWEBから登録してほしい
  • 無料のビジネス英語スピーキングテストProgosの無料受講クーポン

こんな感じでメールを受信。

Hiro

まぁまぁさっぱりとしたメールですね

簡易レジュメは入力せずとも、フィットする案件があればコンタクトがあるだろう、と思いそのまま放置。

すると、3営業日どころか2週間近く音沙汰がありませんでした。

そして忘れかけていたころに、「日程調整」の依頼のメール連絡を担当者から受信。

再び当日までに簡易レジュメを面談当日までに登録してもらうように優しくリクエストがありましたが、面談日だけ設定したうえでそのまま放置して当日を迎えました。

転職意思が強い人は迷わずに簡易レジュメを登録しましょう

面談当日

Zoomでキャリア面談

Zoomで担当者と初対面。

デキる空気を纏いつつ、人当たりの良さが滲み出ていらっしゃいます。

肝心の面談では以下の論点に沿って僕自身のキャリアを掘り下げて頂きました。

  • これまでのキャリア(動機、経験、能力)
  • 現在のキャリア(職種と職務内容)
  • これからについて(自分は何者になり、何をしたいのか?)
  • 僕自身の強みの掘り下げ(何が得意なのか?)
  • 客観的なキャリアフィードバック
  • 具体的な案件イメージの紹介
  • 次にどうしていくかの目線合わせ

面談の結論として、ある日系グローバル企業の非公開案件の紹介もいただきました。

具体的なオファー内容については2回目以降の面談で詳しく…ということでしたが、私の転職意思が強くないことを伝え、丁重にお断りした次第です。

Hiro

まずキャリアを見つめる機会としてもめちゃくちゃよかったです

面談後

面談後にしつこく営業TELやメールが来たらどうしようか?と考えていましたが、心配はありませんでした。

あくまでもこちらの状況をよく理解してくれたうえで、ほどよい距離感を保ってくれています。

僕としては、自分自身の価値を測るために、定期的なキャリアセッションを担当者と行う予定です。

結論、エンワールドはオススメです。

Hiro

レジュメのブラッシュや転職面接対策に協力してくれますよー

エンワールドはどんな人にオススメか?

エンワールドを使って欲しい人

友人へのインタビュー、自分自身の体験を通じて是非エンワールドを使って欲しい人はこんなあなたです。

エンワールドを使うべき人
エンワールドを利用すべき人
  1. 最低でも800万円以上の年収を狙いたい人
  2. 英語力を活かして外資系に転職したい人
  3. 転職後の活躍含めてキャリア全体をサポートしてほしい人
  4. まだ転職の熱は高くないけどキャリアに不安がある人
Hiro

まだ転職熱が高くなくても全然OKですよ

グローバル企業への転職を考えたい場合、エンワールドは間違いなく選択肢の1つとして使うべきですね。

ただし求人案件数が厳選されているため、可能性を幅広く見てみたい人は日系に強い大手エージェントも併せて使っていきましょう。

当サイトでオススメする他エージェントは別途ご紹介します

エンワールドの求人に合致する年齢層

エンワールド・ジャパン
20代
オススメ度★★★★
30代
オススメ度★★★★★
40代
オススメ度★★★

20代の第2新卒の年齢から、40代のヤング・エグゼクティブ層まで幅広く利用できますが、30代のプロフェッショナルなあなたにこそオススメできます。

実際に私の周りでもエンワールドを利用している人は30代半ばの脂の乗ったサラリーマンばかりでした。

英語力で年収をUPさせたい!と思う30代のあなたであれば、きっと理想の求人と出会えるはずですよ。

Hiro

頼りにできるエージェントですね

まとめ

エンワールドは年収800万円以上を狙える外資に強い転職エージェント

  1. 外資系中心のハイクラス求人案件ならエンワールドでOK
  2. 転職後も息の長いキャリアパートナーとして伴走してくれる
  3. 実際に僕が体験してみて「価値あり」と感じられるレベルでオススメ
Hiro

この機会にまずは1歩を踏み出しましょう!

ブログランキング参加しました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる