大企業サラリーマンなら英語が話せるようになるべき理由を解説

英語が大事だと頭で分かりつつも、何をどうやって鍛えればいいかイメージが沸かないですよね。

本記事では「英語力」を丁寧に大きく5つに分解したうえで、大企業サラリーマンが”英語を話す力(スピーキング力)”を鍛えておきべき理由を熱くご紹介します。

あなたの向上の第一歩になれれば嬉しい限りです。

本記事の想定読者
  1. 英語学習に挫折した経験があるけど本気で鍛え直したいあなたた
  2. TOEICは600点以上だけどスピーキングを毛嫌いしているあなた
  3. ペラペラと英語を使える人に憧れを持っているあなた
本記事でわかること
  1. 英語力の主な4つの要素
  2. 話す力(スピーキング)をまず鍛えたほうがよいしたたかな理由
この記事を書いている人
Hiro

英語で大企業サラリーマンLifeをハックしています!

  1. 米国への社費留学をGETした大企業サラリーマン(商社マン)。
  2. TOEIC975点、英検準1級。テスト用の勉強はナシ。
  3. 英語力で社内で”何者か”になって美味しいポジションを満喫中。
目次

英語力を分解してみよう

まず大前提の確認を。

英語を分解すると5つの基本要素から成り立っています

英語の基本5要素と発音・文法
  1. 話す力=スピーキング力
  2. 聞く力=リスニング力
  3. 書く力=ライティング力
  4. 読む力=リーディング力
  5. 語彙力=ボキャブラリー

発音は ①話す力 と ②聞く力 に関係している

文法は 主に③書く力 と ④読む力 に関係している

Hiro

5つの基本要素に発音と文法があるって感じですね

絵にするとこんなイメージです。

英語の因数分解
Speaking, Listening, Reading, Writing

この記事を読んでくれているあなたは「なんとなく英語は読み書きはできる」状態で、まったくチンプンカンプンではないのではないでしょうか。

もちろん、今仕事で英語を使っていなくとも、「読む・書く・聞く」はなんとかできるイメージを持てるあなたも、この記事のレベル感に合っています。

英語を話すのは皆苦手…?

英語には大きく分けてリアルタイムでの即応力が求められる左側の話す力(Speaking)と聞く力(Listening)があります。

一方で右側は非リアルタイムなコミュニケーションを前提とした読む力(Reading)と書く力(Writing)です。

英語の因数分解(話す・聞く)

1つここで質問です。

あなたは英語を使ってリアルタイムに「話す・聞くこと」と、「読む・書く」こと、どちらが得意でしょうか?

おそらく9割以上の方は読み(Reading)書き(Writing)のほうを選択されると思います

(※「話したり聞く事のほうが得意だよ!」っていう方は本記事から学びが少ないかもしれません。)

また、GRIT社の2019年の調査によれば、SpeakingとListeningの力はReadingやWritingのそれに2倍以上もの苦手意識を持っている人が存在していることが分かっています。

英語における課題(伸ばしたい能力)
参照: https://www.fnn.jp/articles/-/15325

いかがでしょうか。

あなたご自身の英語に対する感覚と、日本人全体の感覚をなんとなく掴んでいただいたと思います。

Little Hiro

つまりどういうことだってばよ?

Hiro

「話す力」はみんなの弱点って事です

日本人の英語力の急所で苦手なのは【スピーキング(話す力)】。

この事実を踏まえて、スピーキングを鍛えるべき理由をみていきましょう。

スピーキング力を鍛えるべき2つの理由

理由① 差別化ができる

約9割の日本人が苦手な「スピーキング」を鍛えると、何が起きるでしょうか。

Little Hiro

英語喋れる人ってカッコよい気がする…

Hiro

スピーキング得意な人ってレアですよね

ちょっと想像してみましょう。

あなたの周りで英語ペラペラな人はいますか?

パッと思いつく人はきっと「英語使える人」のタグがあなたの頭にしっかりとついているはずです。(こちら記事でもタグの重要性は解説しています)

英語をペラペラ話せるようになるには、残念ながら近道はありません。

1つだけ間違いなく言えることは、英語を話すことは大半の人が苦手としている力です。

だからこそ、この話す力を鍛えてあなたの武器にできると、実際よりもあなたは英語がデキるキャラになりやすいです。

つまり、他者との差別化で簡単に突き抜けることができます。

大事なポイントなので繰り返します。

他者との違いをつくるために、戦略的にあなたが鍛えるべきはスピーキング力です。(読み書き能力をまず鍛えてからスピーキング力を…という戦略はオススメしません)

Hiro

スピーキング強化には瞬間英作文です

理由② リスニング強化にも繋がる

大事な真実をお伝えします。

あなたが話すことができない単語は、決して聞き取ることはできません。

つまり、話すことができる単語や文章は、必ずリスニングすることができます。(※クセの強いアクセントは除く)

単語や文章をどんどん話せば、あなたのリスニング力もどんどん鍛えられちゃいます。これ、本当です。

英語の因数分解(話す・聞く)

スピーキングとリスニングの同時強化の方法として、具体的に世の中では以下2つの方法が推奨されています。

  1. シャドーイング → 結構むずかしい。
  2. 実践の英会話 → いきなりはハードルは高い。

どちらも素晴らしいメソッドですし、何ら否定するところはありません。

ですが、僕が考えるスピーキング力の強化方法の王道は瞬間英作文です。

「何から手をつけたらいいのか分からない」というあなたには、100%の自信を持ってオススメできるトレーニング手法です。

派手さはありません。超地味です。ですが効果は抜群です。

今日の僕の英語力の根っこには瞬間英作文があります。10年以上、瞬間英作文と一緒に走ってきてくれました。

英語で”何者か”になりたいあなたは、まず超地道に3か月間の瞬間英作文トレーニングをやりましょう。

英会話レッスンやスピーキングレッスンにお金を払うのは、そのあとです。どうか順番を間違えないようにしてください。

スピーキング力とリスニング力は表裏一体。まず瞬間英作文トレーニング。

まとめ

TOEIC975点の商社マンである僕の結論=「英語力のなかでスピーキングを鍛えよう 」

  1. 英語力を分解すると基本の5要素+発音・文法があるよ
  2. あなたが鍛えるべきは話す力(スピーキング)だよ
  3. オススメな鍛え方は瞬間英作文の一択だよ
Hiro

英語ペラペラマンになりましょう!

ブログランキング参加しました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる