リクルートエージェントが”ひどい”説は本当か?忖度なしで評判を徹底解剖

本記事では国内No.1転職エージェントの【リクルートエージェント】)の評判・クチコミを、運営者の実体験目線から解説します。

リクルートエージェント=ひどいと聞いて、利用するのをためらっていませんか?

この記事を読めばリアルな実態とあわせて、どんな人にオススメなのかもバシっと分かりますよ!

こんなお悩みを解決
  1. リクルートエージェントの悪いウワサは本当?
  2. リクルートエージェントって実際どうなの?
  3. リクルートエージェントはどんな人にオススメなの?
結論
  1. リクルートエージェントはひどくない。むしろまず利用すべきエージェント
  2. とにかく信頼と実績NO.1。さすがリクルートで抜群の安定感アリ。
  3. ひどいウワサの実態は、対策可能。案じすぎることは無い。
  4. なんといっても案件数が魅力。可能性のヌケモレを防ぎたい人はまず使ってみよう。
リクルートエージェントTOP
(公式HPより)

圧倒的な案件数と情報量ではリクルートエージェントは間違いありません。エージェントの対応も酷くなく、万一の場合でも対策可能です。迷われているならば、完全無料なのでまず登録してみることをオススメします。

この記事を書いている人
Hiro

英語で大企業サラリーマンLifeをハックしています!

  1. 米国大学院への社費留学をGETした大企業サラリーマン(商社マン)。
  2. TOEIC975点、英検準1級。英語によるビジネス交渉実績多数。
  3. 英語力で”何者か”になり最速出世&新たなキャリアを開拓中。
目次

リクルートエージェントの特徴とは

学校イチの優等生、実績NO.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント=優等生
リクルートエージェントとは?
  1. 運営元は業界最大手のリクルート社
  2. あらゆる業界・職種を幅広くカバーし求人数は10万件+
  3. リクルートエージェント独自の非公開案件多数あり
  4. 実績豊富なキャリアエージェントが転職を手厚く支援
Hiro

皆さまご存じのリクルートです

\ 無料登録してみる /

リクルートエージェントの評判

リクルートエージェントの総評(まとめ)

リクルートエージェントの総評
  1. 案件の数は10万件+を実感できるほど多く、オファーには困らない
  2. 優秀なエージェント多数。スピーディなやり取りは◎
  3. 職務経歴書(レジュメ)の磨き上げもサポートしてくれる神対応
  4. 紹介案件が多すぎるため、負担に感じることもある。
  5. 状況によっては連絡が遅いこともあり。
  6. 紹介案件が必ずしも自分にフィットしていないこともある。
Hiro

リアル友人含めて様々な媒体で調査してみました

いい評判・悪い評判、それぞれ詳しくみてみましょう。

リクルートエージェントの良い評判・クチコミ

リクルートエージェントのいいクチコミ
  1. とにかく優秀なエージェントでイチオシの声多数。
  2. 3社登録して、結局リクルートエージェントを一番使った。
  3. レジュメを添削してくれるという神対応。
  4. やり取りにスピード感あり、サクサクと選考が進む。

運営者の元チームメイトがちょうど転職することになったので、こっそり聞き出してみました。

Hiro

リクルートエージェントどう?

リクルートエージェントのクチコミ
友人H

案件の数は圧倒的、担当者もガチ優秀でオススメよ

スマホからさくさくと10万件+の案件に触れられるのは、運営者自身も使ってて感じる推しポイントですね。

\ 無料登録してみる /

リクルートエージェントの悪い評判・クチコミ

リクルートエージェントの悪いクチコミ
  1. 自分の希望に沿うオファーが来ない。
  2. エージェント都合のオファーばかり来る。地元就職には向いてない。
  3. システマチックにメールが大量に配信されてくる。
  4. 連絡・選考ペースが遅すぎる。

よくも悪くも10万件+のオファーがシステム的にメールベースで配信されるのが「ちょっと…」という声が多いですね。

運営者自身もリクルートエージェントからのメール配信は正直多いな~と感じます。

このお悩みは対策可能です。後述します。

Hiro

案件が多いリクルートエージェントならではの難しさですね

リクルートエージェントの注意事項

Hiro

捉え方によって良し悪しですね

① リクルートエージェントは紹介案件が多すぎる説

とにかくいい意味でも、悪い意味でも案件が多すぎるところがリクルートエージェントの特徴です。

実際、運営者もリクルートエージェントからのオファー数・連絡数が、他社と比べて圧倒的に多いです。

多い日は、さまざまな担当者から5-6件の案件紹介(スカウト)がポコポコと来ます。

リクルートエージェントからの紹介案件が多い説

1件1件つぶさに確認していくのは、たしかに大変な作業ですね。

Hiro

自分の希望にフィットしていない案件も実際あります

①’ 対策:リクルートエージェントからの紹介案件が多すぎる説

オファーの設定を変更すべし

多過ぎると感じるオファー(スカウト)に対して、こちらから対策が可能です。

2通りのやり方

  1. 担当エージェントに「スカウトOFF」の依頼をお願いする
  2. スカウトメールに「スカウトOFF希望」と返信する

以上の超簡単なやり方だけで、可能性を幅広にとったスカウトオファーの数は絞られます。

とはいえ、リクルートエージェントならではの10万件+の案件の間口を絞ることにもなるので、慎重に検討しましょう。

Hiro

案件を絞る作業自体はめちゃシンプルです

② エージェントが厳しいと感じる説

リクルートエージェントの担当者は相手にとって何がプラスかを考えて正直に話を進めてくれます。

場合によって、希望条件と市場ニーズが合致していない場合は、ストレートに厳しいと伝えられます。

Hiro

はじめてストレートに自分の市場価値を知らされたら、厳しいと感じますよね…

②’ 対策:エージェントが厳しいと感じる説

素直にフィードバックを受け止めて作戦を練り直すべし

リクルートエージェントはキャリアのプロです。

むっとする気持ちは一旦脇に置いて、素直に受け止める事が大事です。

一呼吸おいて自分を客観視してみましょう。

自分にもっとフィットするキャリアや、もしかすると違うキャリアエージェントを活用すべきかも知れません。

リクルートエージェントはこんな人にオススメ

リクルートエージェントを使うべき人は?

リクルートエージェント=優等生
リクルートエージェントのオススメ年齢
20代
オススメ度 ★★★★
30代
オススメ度 ★★★★
40代
オススメ度 ★★★
リクルートエージェントを利用すべき人
  1. 転職活動をこれからまさにはじめようとしている人
  2. とにかくまず多くの案件に触れて市場価値を掴みたい
  3. 優秀なエージェントとの会話を通じて転職軸を定めたい人
  4. 大企業から大企業への転職を狙いたい20-30代の高属性サラリーマン

リクルートエージェントのオススメの使い方

Hiro

とにかくまず初手の1社としてオススメです

なんといってもまずこれから転職活動をはじめようかな、という方にオススメです。

仕事のできるエージェント」があらゆる面で伴走しながらサポートしてくれます。

リクルートのノウハウで、職務経歴書・履歴書も魔法のほうにブラッシュアップしてくれるのは魅力的ですね。

そして業界NO.1の情報量と質で、とにかくいろいろなオファー案件に触れられます。

具体的なオファーと、エージェントとの会話を通じて、自分のキャリア軸も自然と言語化できちゃいます。

大企業サラリーマンなら、まずリクルートエージェントに登録で正解

\ 無料登録してみる /

リクルートエージェントに関するよくある質問

リクルートエージェントに関わるFAQをご紹介します。

リクルートエージェントの運営会社は?

キャリア支援実績NO.1の日本を代表する人と情報もマッチングソリューションカンパニーのリクルート社が運営しています。

リクルートエージェントの求人数は?

2022年8月7日時点で公開求人258,477件 / 非公開求人289,019件、合計約 54.7万件もの求人があります。

Hiro

紛れもなく国内トップクラスの求人数です

リクルートエージェントの仕組みは?
公式HPより

転職支援エージェントとしてあなたと求人企業をマッチングさせるビジネスです。

完全無料のカラクリは成功報酬型にあります。

転職希望者に求人を紹介して、企業から内定が出て入社した時点で、採用した求人企業からコンサルティングフィーを成功報酬として受け取っているのです。(中略)リクルートエージェントでは、成功報酬型に加えて、「入社して半年以内に退職した場合は企業にコンサルティングフィーを返金する」というルールを設けています。そのため、希望に合わない求人をお勧めしたり、強引に転職を促したりすることはありません。退職率が4%と低いのは、転職希望者が入社した企業で活躍できることをゴールと考えてサポートを行っている証のひとつです。

転職エージェントの料金が無料の理由

リクルートエージェントは入社後の定着率もしっかりとケアしてくれているといえますね。

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いは?

間違いやすいですが、それぞれリクルートの別事業です。リクルートエージェント=転職エージェントサービス、リクナビネクスト=転職サイトです。担当エージェントがレジュメづくりから伴走してくれるのがエージェント、自らが動くのがリクナビネクストと覚えれば、大筋間違いはありません。

※当ブログの紹介サービスはリクルートエージェントです

担当者が合わないけど、変更は可能?

可能です。自分の一生を左右する大事なイベントですので、恐れずに担当者を変えてもらいたい旨を伝えましょう。伝え方として様々な担当者の意見が聞きたいなど上手に伝えられるといいですね。

Hiro

向こうもプロなので察してくれますよ

\ 無料登録してみる /

おすすめのハイクラス転職エージェント 3社

大企業サラリーマンが是非ともリクルートエージェントとあわせて使いたい転職エージェントを3社ご紹介します。

オススメ① エンワールド

エンワールドは外資・グローバル転職に強い

僕自身もお世話になっている一気通貫型のエージェントです。

キャリアの「そもそも」や「英語を活かして人生どうしていきたいか?」からめっちゃ親身に相談に乗ってくれますよ。

エンワールド・ジャパン
20代
オススメ度★★★★
30代
オススメ度★★★★★
40代
オススメ度★★★
エンワールドを利用すべき人
  1. 最低でも800万円以上の年収を狙いたい人
  2. 英語力を活かして外資系に転職したい人
  3. 転職後の活躍含めてキャリア全体をサポートしてほしい人
  4. まだ転職の熱は高くないけどキャリアに不安がある人

オススメ② アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは外資・IT、特にコンサルに強い

アクシスコンサルティング
20代
オススメ度★★★★
30代
オススメ度★★★★
40代
オススメ度★★★
アクシスコンサルティングを利用すべき人
  1. TOEIC・英語力を活かして年収を上げたい人
  2. IT・コンサル職の人、もしくはこれから目指したい人
  3. 経営企画、事業企画、財務、会計士などコーポレート職のキャリアUPを狙いたい人

オススメ③ SAMURAI JOB(サムライジョブ)

SAMURAI JOBは30-40代のマネジメント・技術職/専門職ハイクラスに強い

SAMURAI JOB
20代
オススメ度★★
30代
オススメ度★★★★
40代
オススメ度★★★
SAMURAI JOBを利用すべき人
  1. ハイクラス x グローバルで1000万円以上の年収を狙いたい人
  2. 30・40代でマネジメント、専門・技術職能の強みがある人
  3. ハイクラスな外資No.1のJACグループならではの独自案件が気になる人(20,000件+)

まとめ:リクルートエージェントはひどくない

むしろリクルートエージェントはまず登録すべきオススメNO.1転職エージェント

リクルートエージェントの総評
  1. 案件の数は10万件+を実感できるほど多く、オファーには困らない
  2. 優秀なエージェント多数。スピーディなやり取りは◎
  3. 職務経歴書(レジュメ)の磨き上げもサポートしてくれる神対応
  4. 紹介案件が多すぎるため、負担に感じることもある。
  5. 状況によっては連絡が遅いこともあり。
  6. 紹介案件が必ずしも自分にフィットしていないこともある。
リクルートエージェントを利用すべき人
  1. 転職活動をこれからまさにはじめようとしている人
  2. とにかくまず多くの案件に触れて市場価値を掴みたい
  3. 優秀なエージェントとの会話を通じて転職軸を定めたい人
  4. 大企業から大企業への転職を狙いたい20-30代の高属性サラリーマン

\ 無料登録してみる /

Hiro

寄らば大樹の陰ですね

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次へ戻る
先頭へ
目次
閉じる