モゲチェックと他住宅ローンサービスを比較|オススメは?違いは?解説します

住宅ローン比較のモゲチェックって本当にオススメか不安ですよね。

家を買うことは人生最大の買い物。

だからこそ、失敗はしたくないし、お得にローンを組みたいですよね。

そこで、住宅ローン比較サービス「モゲチェック」と他の住宅ローン比較サービスを比べてみました。

この記事を読めば、人生最大の買い物の成功に向けて、きっと自信を持って一歩踏み出せますよ!

こんなお悩みを解決
  • 一番オトクにローン組みたいけど、モゲチェックって使えるの?
  • 他の住宅ローン比較サービスと比べて、モゲチェックってどうなの…?
本記事の結論
  1. モゲチェックは自分専用の最安住宅ローンを提案してくれるし、本当に安心して使える。
  2. コスパを考えると、金融庁お墨付きのモゲチェックから提案をもらうのがベストで間違いなし。

完全無料でスマホからさくっと5分で住宅ローンを一括比較できます。

色々なローン比較サイトを廻ってうーんと悩んで時間を浪費するまえに、ぜひ一度お試しください。

\ 【借入】無料でオススメ住宅ローンをチェックする /

\【借換】 無料で今一番低い金利に乗り換える /

この記事を書いている人
Hiro

英語で大企業サラリーマンLifeをハックしています!

  • 転職に成功して人生を楽しむ商社マン。
  • TOEIC975点、英検準1級。英語によるビジネス交渉実績多数。
  • サラリーマン処世術やキャリア戦略、英語力の鍛え方を発信中。
目次

モゲチェックと他サービスとの一覧比較

ぼく自身、転職前に住宅ローンを使ってみたときに、いろいろな住宅ローンを調べました。

色々な銀行も独自に住宅ローンサービスを出してますし、ローン比較サイトも価格.comもやってたり、結局どこがいいのか分かりますよね。

そこで図で見えるように整理をしてみました。

モゲチェックと他サービスの比較

4つの象限に分けてみました。

2つの軸があり、「複数の住宅ローンを選べるか?」と「専用アドバイス・コンサルティングがあるか?」です

例えば左下の象限の【比較サービス系】は、モゲチェックと同じように複数住宅ローンをじっくりと比較できます。

が、自分の属性情報や状況にあわせた個別のアドバイスやオススメはしてくれません!

その点、モゲチェックは自分専用の具体的なオススメ住宅ローンを提案してくれますし、ローン完了までしっかりサポートしてくれます。

しかも無料です。

また、右側はいわゆる【銀行系】です。

金利が高い・低いの違いは各行ありますが、銀行系とモゲチェックを比較した最大で違いは、

銀行系で検討を進めると、その銀行ローンしか検討できない(当たり前ですが)点です。

その点、モゲチェックであれば一括して自分にあった住宅ローンを横並びで比較できますし、個別アドバイスももらえます。

Hiro

こうして整理するとめちゃくちゃよくないですか?

モゲチェックをオススメできる3つの理由

もう少し詳しく掘り下げると、モゲチェック vs 住宅ローン比較サイトや銀行系との違いは大きく5つあります。

そのうち2点は上で書いた「複数の住宅ローンを選べるか?」と「アドバイス・コンサルティングがあるか?」ポイントです。

残りの3つについて解説します。

①融資枠を正確に見積もることができる

1つ目はモゲチェックでは独自のアルゴリズムを用いて、あなたの融資可能枠を本審査前に提案してくれます。

これ、めっちゃすごいと思います。

これまで約13万人の利用者のデータを独自に蓄積し、安全にアルゴリズムで分析することで自分がどれぐらいの融資金額が引けるか分かるのです。

Hiro

実際の金融機関に申し込むのは結構パワー使いますからね…

ちなみにモゲチェック公式の動画では、ざっくりとした年収別住宅ローン借入額の目安も解説してくれています。

モゲチェックの年収別借入額の目安
モゲチェックの年収別借入額の目安
年収別住宅ローン額目安
  • 年収600万円=青信号は~4,300万円、黄信号は5,000万円まで
  • 年収800万円=青信号は~5,800万円、黄信号は6,600万円まで
  • 年収1,000万円=青信号は7,300万円、黄信号は8,300万円まで
  • 年収1,200万円=青信号は8,700万円、黄信号は1億円まで
  • 他の住宅ローン比較サービスと比べて、モゲチェックってどうなの…?

青信号は返済比率が35%以下、黄信号は35-40%です!

比較サイトでは融資可能金額までは「正確に」事前検討段階ではわかりませんし、個別の銀行ごとにいちいち事前審査をお願いするのは非現実的ですよね?

めんどくさい手間なく、実際にどこの銀行でいくらぐらいのローンが組めるのか?がすぐに分かるのはモゲチェックだけです。

\ 【借入】無料でオススメ住宅ローンをチェックする /

\【借換】 無料で今一番低い金利に乗り換える /

②融資審査が通るかどうか事前に判断できる

金額だけでなく、融資が通る可能性までモゲチェックはシミュレーションしてくれます。

こんなイメージです。

モゲチェック提案サンプル
モゲチェック提案サンプル

しっかりと審査に通る確率まで提案してくれています。

貴重な時間をつかって個別に銀行に事前審査のお願いするのは、正直めちゃくちゃパワー使います。

そこをモゲチェックが独自に蓄積したデータで、「あなたならいくらぐらい、この銀行で融資引けそうです」と提案してくれます。

これってステキなテクノロジーではないでしょうか?

僕たちユーザーはモゲチェックの提案に沿って、あとは自分の検討軸に沿ってモゲチェック経由で申し込みさえすればOKです。

ここまで踏み込んで融資可能性まで提案してくれる比較サイトは、今のところモゲチェック以外にありません。

Hiro

ユーザー目線の寄り添いがハンパない…

③融資完了までのサポートがずっと受けられる

最後の3点目がモゲチェックならではの入り口から出口までのサポートです。

基本スマホのチャット上ですが、不明点は随時さくさくと問い合わせて専門アドバイザーに相談できます。

この機能は地味に使い勝手よく、仕事のスキマ時間で働きながらでも自宅購入にむけて動けます。

ちなみに住宅ローン融資にむけた個別のアドバイスは、貸金業法の対象となっており、金融庁(国)のお墨付きをもらってないと法律違反です。

モゲチェックを運営するMFS社はしっかりと貸金業法の認可を受けている企業なので、ご安心ください。

金融庁のシステムで検索するとしっかりと運営会社のMFSとして登録されています

一方、住宅ローン比較サイトを運営する企業は、基本的にこの貸金業法の免許を持っていません。

そのためモゲチェックのように一歩踏み込んだ住宅ローン提案&サポートができません。(やっちゃうと法律違反なので)

この点、住宅ローン比較サービスとして、モゲチェックはお国の制度から見ても唯一無二の存在なんですよね。

まとめ

本記事ではモゲチェックと他住宅ローンサービス銀行と比較したときの違いや、強みを丁寧に分析しました。

本記事の結論
  1. モゲチェックは自分専用の最安住宅ローンを提案してくれるし、本当に安心して使える。
  2. コスパを考えると、金融庁お墨付きのモゲチェックから提案をもらうのがベストで間違いなし。
モゲチェックならではの5つの強み
  1. 複数のベストな住宅ローンを独自のアルゴリズムで提案してくれる
  2. ユーザー専用のアドバイス・コンサルティングが無料で受けられる
  3. 融資枠を事前に&正確に見積もることができちゃう
  4. 融資が通る可能性が事前にわかっちゃう
  5. 貸金業法の認可を受けたサービスとして融資完了まで徹底サポートしてくれる

\ 【借入】無料でオススメ住宅ローンをチェックする /

\【借換】 無料で今一番低い金利に乗り換える /

Hiro

この機会に無料でモゲチェックやってみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次